⽇本から世界平和の声を、舞を。芸術継承チャリティー公演 『バレエ・フォー・ピース 〜Ballet for Peace〜』出演者発表 第1弾!

⽇本を代表するバレエカンパニーと未来のバレエダンサーによる、アトリエヨシノ主催の芸術継承チャリティー公演

⽇本屈指のバレエ⾐装レンタル会社であるアトリエヨシノを軸に、創業より紡いできたつながりを活かし、⽇本のバレエ界が⼀致団結。「芸術の次世代への継承」「未来ある若いバレエダンサーの応援」をテーマに、「舞台を観る」「舞台に出演する」事を通して⽀援の輪を広げ、⽇本から世界平和の声を発信して参ります。

この度アトリエヨシノでは、ロシアとウクライナの情勢悪化により⼤きな打撃を受けている現地の芸術業界、および帰国を余儀なくされた両国また周辺国の⽇本⼈プロバレエダンサー、ならびにアカデミー⽣への⽀援を主な趣旨として、チャリティー公演を主催いたします。
※チャリティー公演開催にあたっての経緯やアトリエヨシノの想いなどにつきましては、前回のプレスリリース記事をご覧いただけますと幸いです。

公演概要 芸術継承チャリティー公演

「バレエ・フォー・ピース 〜Ballet for Peace〜」
◆開催⽇時:2022年5⽉13⽇(⾦)17:00開場 18:00開演
◆会場:新宿⽂化センター ⼤ホール
https://www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center/traffic-access/
◆「バレエ・フォー・ピース」公式ホームページ:https://balletforpeace.com/
◆芸術監督:⽥北志のぶ
◆舞台監督:葛⻄ 伸⼀
◆照明・⾳響:MCJ株式会社
◆⾐裳協⼒:(株)アトリエヨシノ/NBAバレエ団/バレエシャンブルウエスト

出演者(フリー・個⼈出演、バレエ団出演の順にて掲載/五⼗⾳順/敬称略)

厚地 康雄(元バーミンガム・ロイヤル・バレエ団プリンシパル)
佐久間 奈緒(元バーミンガム・ロイヤル・バレエ団プリンシパル)


遅沢 佑介(Osozawa Ballet Studio 主宰・K-ballet company ゲストステージングレペティトール)
川島 ⿇実⼦(元 チャイコフスキー記念東京バレエ団プリンシパル)


【Iwaki Ballet Company】
井脇 幸江(Iwaki Ballet Company 芸術監督)


【NBAバレエ団】
野久保 奈央(ファーストソリスト)/新井 悠汰(ファーストソリスト)


【⾕桃⼦バレエ団】
今井 智也(プリンシパル)/馳 ⿇弥(ファーストソリスト)


【東京シティ・バレエ団】
飯塚 絵莉(ソリスト)/吉留 諒(ソリスト)


【バレエシャンブルウエスト】
川⼝ ゆり⼦(プリマバレリーナ)/逸⾒ 智彦(プリンシパル)

※キエフオペラシアター(キエフ音楽子供劇場)
シェフチェンコ記念 ウクライナ国立オペラ・バレエ劇場(キエフ・バレエ団)
モスクワ国立ボリショイバレエアカデミーからも出演調整中です。詳しくは第2弾にて発表いたします。
※尚、詳細発表後、都合により出演者が追加・変更になる可能性がございます。ご了承ください。

チケット販売について

◆チケットペイ:https://www.ticketpay.jp
◆チケット販売開始:2022年4⽉1⽇(⾦)10:00〜
◆チケット販売価格:全席指定7,000円(税込)
※6歳未満はご⼊場できません。※6歳以上はチケットが必要です。
※チケット収⼊は全額寄付⾦となるため、席種を問わず⼀律料⾦となりますのでご了承ください。購⼊⽅法は追って公式ホームページでお知らせいたします。
※客席収容率につきましては政府の⽅針、感染状況等により随時判断いたします。収容率100%にて実施する場合は間隔を空けずにお座りいただくことになりますので予めご承知おきください。また、必ず下記注意事項をご確認の上、チケットをお買い求めくださいますようお願いいたします。
<感染拡⼤防⽌対策について>
本公演の収益・寄付⾦の⼀部は現在多⼤な被害を受けている世界各地のバレエ団ならびにバレエ学校、劇場等における現状復帰を⽬的とした寄付をするほか、国際情勢の変動により帰国を余儀なくされた⽇本⼈プロバレエダンサーやアカデミー⽣達が舞台に⽴つ機会の継続的な提供、ダンサーとしての⼀時就業の機会の斡旋など、幅広い⽀援を⽬的としております。本公演をご覧になることがバレエダンサー達の直接の応援につながります。是⾮皆様ご来場ください。

主催:株式会社 アトリエヨシノ

株式会社アトリエヨシノについて

1998年創業。業界では最⼤規模となる⾐装点数およそ10万点を保有する、クラシックバレエを中⼼とした舞台⾐装の制作・レンタル会社。

バレエのほかオペラ・オペレッタ、ゴスペル、ミュージカル、CM・映画・ドラマ等各種メディアへの⾐装提供をはじめ、公演の主催や国内外コンクールへの協賛・共催など、活躍は多岐にわたる。
クラシカルな伝統⾐装から流⾏を取り⼊れた⾐装まで、元アパレルデザイナーである代表が率いる圧倒的なデザイン⼒と豊富な型数・サイズ展開で⽇本国内のみならず海外の個⼈・団体からも⼈気が⾼い。
また、近年は⼦ども達を中⼼にしたオリジナル全幕⾐装を⼿がけ、幅広い世代のダンサー達が夢⾒る煌びやかな舞台づくりの⼀端を担っている。
世界へ⽻ばたく踊り⼿を育てる環境整備と、⽇本国内におけるバレエ⽂化の根付きを確⽴するため、⽇夜試⾏錯誤を繰り返し、スタッフが⼀丸となり屈指の業界貢献企業を⽬指す。

本公演に関するお問い合わせ先
https://balletforpeace.com

目次
閉じる